古屋敷の千本桂

古屋敷の千本桂

岩手県軽米町にある”岩手県内随一の巨木”です。

樹齢600年余り、樹高25m、根元周囲18m 地表に出ている根の形相にびっくりです。

一番太かっただろう幹は途中から折れてしまったか、大きすぎて切られたのかもしれませんが、残っていたら圧倒するような威圧感があったでしょう。

でも、桂の葉はとてもかわいらしい丸い形です。

古屋敷の千本桂1

古屋敷の千本桂2

古屋敷の千本桂3

古屋敷の千本桂4

古屋敷の千本桂5

古屋敷の千本桂6

少し奥に入った農村の中に大きな姿でひっそりと立っています。
隠れた巨木は沢山あるのですね。

古屋敷の千本桂7

古屋敷の千本桂8

古屋敷の千本桂10

少し奥に入った農村の中に大きな姿でひっそりと立っています。
隠れた巨木は沢山あるのですね。

 

古屋敷の千本桂12